第7回:分野別ウェビナー 新型コロナウイルスと気候変動

第7回:分野別ウェビナー 新型コロナウイルスと気候変動

日時

2020年9月24日木曜日 (TBC)
2020年9月24日午後4時30分(JST) | 9.30am (CET)

イベント情報

[登録はこちら]

 

スピーカー:

一般社団法人海外環境協力センター理事/主席研究員 加藤真氏

欧州委員会気候変動総局首席顧問 ヤコブ・ワークスマン氏

環境省大臣官房審議官 瀬川 恵子氏
ストックホルム市庁環境企画管理課課長 ギュスタフ・ランダール氏
横浜市 温暖化対策統括本部 本部長 薬師寺えり子氏

EUと日本は、気候変動とその負の影響に対処するため、世界の温室効果ガスの排出量を緊急、大幅かつ持続的に削減する必要性があることを認識しています。一方、今回の新型コロナウイルスの危機は、より持続的で環境に配慮した成長モデルへと移行する好機であると多くの人が捉えています。本ウェビナーでは、官民双方の日欧の専門家が、新型コロナウイルスがこれまでの気候変動への取り組みに与える影響を分析するとともに、「欧州グリーンディ―ル」、パリ協定、2050年までの気候中立化などを踏まえ、グリーン金融やグリーンエネルギーについて意見を交換します。

 

本ウェビナーは、日本語と英語で提供されます(同時通訳付き)。スピーカーの都合等により開催日時が変更になることがありますのでご注意ください。変更の場合は、登録された皆さまにご連絡いたします。

このウェビナーを共有する

特にご関心のある問題や質問事項がありましたら、ご記入ください

メッセージありがとうございます!